来年度のJRA開催日程などを見て   

2005年 11月 18日

昨晩JRAのサイトで来年度の番組や日程、施行条件やクラス編成の変更などが発表されてて、、、
まず目玉となるのは5月に牝馬限定のマイルG1が設立されることですね。
以前から噂では聞いてはいたが早くに実現となるとは。
1ヶ月後にも同じ距離コースの安田記念があることからスイープトウショウのように牡馬相手に互角の勝負をしているような馬に取ってはいい前哨戦、叩き台となりそうだよね、、、ということはそういった馬が人気で敗れる度合いが高いことも考えられる。逆にエリ女に出走するには距離が長すぎてマイルがベストと言う牝馬限定戦中心に活躍しているような馬にとっては最適な舞台か。アズマサンダースやウイングレット辺りが台頭してきそうかな?今の3歳以上の現役牝馬をチェックして早くからこのレースに向きそうな馬を探して見るか、、、
二つ目として短距離重賞の設立、施行変更がやたらと目立つ!
やはりスプリント戦の重賞は限られてくるだけにこれはいいと思う。夏場にサマースプリントシリーズとしてアイビス、セントウル、函館SS、距離短縮される北九州記念、それまでの条件戦から重賞へ格上げされるキーンランドCの5レースだ。夏場だと3歳の短距離馬にとっても使えるレースが広がるだろうから斤量の軽さで大駆けとかありそうだよね!!
キーンランドCは札幌で行われるので記念すべき第一回だし日帰りで見に行こうかな?
三つ目は施行条件の変更!
目立ったのは重賞の日程が早まるのは問題ないけど明らかに売り上げ、入場者増加を図っていると感じられた。
日曜日に行われていた重賞レースが土曜日に変更となったり、札幌記念が別定から定量と変わるところだね。
やはり土曜日に重賞レースがあれば集客が増えるよね。私は土曜日は基本的に仕事なのでレースがリアルで楽しめなくなるけど、、f^_^;
そして札幌記念の定量戦。実力馬がレースしやすい舞台にするのが目的だがハッキリ言ってディープインパクトの為の措置だろう!!
夏場は間違えなく札幌競馬場で調整をするんだから明らかなファンサービスだよね。これは90%有り得るだろうから実現すれば見に行きたいけどおそらくかなりの人だろうなぁ、、、札幌競馬場の入場者レコードを更新となるだろうね、、、。
ただ札幌記念定量戦にしたのならばやはり地方馬の出走の措置もやらないと。
これは今年にやって欲しかったけどね、、、コスモバルクの今の低迷さだと今後も設ける必要性が感じられないのだろうか、、、札幌競馬は道営馬やジョッキーの参戦も多いから重賞でその枠があっても良さそうに感じるけどね、、、。

そして最後にイマイチピンと来ないクラス編成。
500万条件クラス、、それまで3歳500万4歳以上1000万以下としていた条件を3歳以上500万以下とする措置。
同様に1000万の場合は現行3歳以上1000万4歳以上2000万以下を3歳以上1000万以下に、1600万は現行3歳以上1600万4歳以上3200万以下とするのを3歳以上1600万以下とする措置だ。そうなると今1000万の本賞金1200万のゾーンの場合は1600万に、本賞金2000万のインペリちゃんはオープンということになるんだよね、、、これかなり無理があるように思えるけど(-.-;)
それまで勝って同条件と言うのをなくすため見たいだけど、、、オープン馬だけが膨れ上がるように増えるけど力の格差は相当つくんでないかと、、、、この改正には不安と不満を感じるね。
携帯からの更新で1500字数だとさすがに指が、、、f^_^;帰宅してもつぶやきまで更新出来そうもないから今のうちにやって置いた☆
[PR]

by dive_or_alive | 2005-11-18 12:42 | 競馬

<< 早とちりで勘違いしていたみたい... 84年アルバム作品コレクション... >>