95年-97年メモより~ストリートスライダーズ「GET THE GEAR」   

2006年 03月 05日

e0088402_21122476.jpg
まず1曲ずつの簡単なコメントを

「WAVE95」
改めてアルバムやライブその他において1曲目、最初というのがとても似合ってますよね。
やはり釧路のライブで隣にいた全身赤の女と蘭丸頭のコンビを思い出してしまった(笑)
しかし、今思ったのですが、タイトルが「WAVE95」ってことは来年のツアーではこの曲もしかしたらやらないのでは?!とふと感じたのですが・・・ま、いいやぁ。

「WHERE DO I GO」
“僕はどこへ行く?”なんか今の私に投げかけてるようなタイトルじゃねーかと和訳してそう思ってしまった。
蘭丸のサイケデリックなボイスが気に入ってます。

「tsumuji-kaze」
これは最近のライブじゃ演奏されていない曲ですからねぇ。
誰もがこの曲をやると予想した人はいないのでは?もう2度ときけないのかも知れないから割とレアなナンバーですよね。
“そーんなことまるでどーでもいーさぁ”とうたうハリーが好きです。

「THE LONGEST NIGHT」
この曲でいかにハリーの調子がいいかっていうのが私にとって鮮明にわかる!
全然関係ないが、まだスライダーズの楽曲ききはじめのとき「REPLAYS」の次に「NASTY CHILDREN」をレンタルで借りたのですが、この曲ジェームスがうたってるのかなぁと何故か思ってた。

「FEEL SO SAD」
最近この曲に聞きほれているんです。
“なんでハリーはこうスローな曲でもサラッと自然にうたえるのだろう?”といつも思う。
ライブのこの曲ではそれがもっと結晶化したように感じる。
まだ「FEEL SO SAD」が発売する前にFMで先駆けて初めてきいたとき“彼らは本当に私達を裏切ってないんだ!!”と思ったし。

「WASTIN' TIME」
ライブでこの曲やってくれて本当うれしかった。「WRECKAGE」の中では3本の指に入るうちのひとつかなぁ。どれが一番いいとかは決めれないけど。
“ひとりじゃだめさー 何もできなーい ろくでなしのWASTIN' TIME~”というフレーズがけっこう私にはイロンナ意味で励みになってくれてるんです。





「FRIENDS」
友達と仲間(FELLOWS)ってビミョーな違いありますよね。
ハリーとジェームス、蘭丸とZUZUって友達ってイメージあるけど、
ハリーと蘭丸、ジェームスとZUZUって組み合わせになると仲間って感じしません?
ライブの中盤に入れるのがミソですね。2年前の「沈黙の答え」ツアーのときは1曲目でしたもん。(この時のアンコールが「道化者のゆううつ」だったからいかにハリーがまだ完全に冬眠から覚めてないことがわかる(笑))
しかし今回のツアーでは中盤に入れることでなんて言ったらいいか表現し難いのですが、うーんと先ほどかいたメンバーの友達or仲間意識を改めて強調してるよう・・私にはそう思いますが(笑)

「のら犬にさえなれない」
この曲ハリーが19歳のころ書いたらしいけど。全然古さがないですよね。古さを感じる通俗的な曲が多い中、この曲はまさに言い方悪いと思いますがまさに「定番ソング」ごときのひとつなのではと思う。いやぁ「定番ソング」にしたら通俗的な曲と一緒でイヤだなぁ・・・ってどっちだよ!
イイ詞ですよね。いつきいても。

「どしゃ降り雨に洗われて」
最初のギターのスライドといい絡みみたいなの、いいファンサービスをしてくれてるわ!!
CDでタイム見ると2分ぐらいやってくれてエライ!!
勿論ライブで見てたときはそんなこと思わなくてとにかく蘭丸がガンガン前に出てくれた時うれしかったなぁ、まさにキムタクがファンに投げキッスをしてボーっとしてるファンの状態(笑)

「NEW DANCE」
これはやっぱり「教祖にNEW DANCE!」でしょ~!
しかしハリーが時事ネタをいうとはねぇ・・・(笑)
でも沢山多用しないでいきなり一瞬つかうからファンにとっては感動の嵐なんですよね(笑)

「So Heavy」
もうライブの定番になりまくってて「The Live!」にも収録されてるっていうのに再び入れるなんてねぇ。やっぱりこれ失くしてはスライダーズのライブには欠かせない存在になってるかも知れませんね。カラオケ“DAM”に入っているので行く度いつもうたいますが、友人曰く「文字通りホント重苦しい曲」だってそーだもん、それがいいのよ!!

「Back To Back」
この曲になるといつも照明がバリバリになりますよね。
というのはライブビデオにて確認してましたが、現実でもそうだったので「ああ照明バリバリだー」って実際思ったんだけどね。
イントロきくとワクワクしてくるCDきいてもよく伝わるもん。

「風の街に生まれ」
ラスト曲「GET THE GEAR」が世に出ることを知ったとき何が何でもこの曲は入れてほしかったんです。
だってカッコイイですもの。うーんでもオリジナルよりもなんか微妙にスローになっているのは気のせいでしょうか?
「WAVE95」が最初の曲のイメージに対しこの曲はまさに本編のラストを飾る曲といえるでしょう。

全体を通して選曲がまさにベスト盤的だと思う。スライダーズビギナーでもきけるんじゃないかなぁ。
スローあり、R&Rあり、「のら犬~」あり、「So Heavy」というスタンダードありでいかにも「これがスライダーズの世界!!」って感じ!!
あと「The Live!」が以前に出てるせいか比較せざるを得なかったんですが、声援、男の人がすっごい増えてるー「The Live!」はなんとなくミーハーな方々もいる気配ですが、これはホント真のスライダーズの曲が好きな人がそろってる証拠ではないのでしょうか?
男の人がどこかの曲の間で「蘭丸ーーー」っていってたのが入っててなんか嬉しかったです。「ハリー」と叫ぶ男の人はいても蘭丸は今までいなかったことでしょう?
やっぱり彼のギターの良さにひかれるくんだろうなぁとつくづく思いました。
スライダーズに出会えてヨカッタァ!!


とこれは私のフェバリットアーチストのスライダーズの95年にリリースされたライブアルバムの当時のレビューです。
これはカッコイイですよ。ただ今は廃盤になってます・・・あ、ひょっとしたら釧路なら「ゲオ」でレンタルできるかも?!
このライブの時のツアーが自分にとって初のスライダーズのライブ初体験でした。
ちなみに「教祖にNEW DANCE」はもちろんオウム真理教の麻原のことね。
[PR]

by dive_or_alive | 2006-03-05 21:44 | 音楽レヴュー

<< 苦節・・・5年 またかい、、、 >>