恒例~釧路の「なつかし展」   

2006年 03月 12日

また展示やっていたので行って来ました♪相変わらず無料でいろいろな釧路の昔の写真や資料、昔のグッズなど見れるのがいいですね!





e0088402_2242433.jpg

こちらは昭和36年の釧路の中心街の地図及びまわりは昔のお店、企業のマッチ箱で囲まれてあります♪
昔のマッチや包装紙ってやたらアート性があってカッチョイイよね♪
こうゆうのはオークションでおそらくひどく売買されるんだろうなぁ~
携帯のカメラからの撮影なのでハッキリ見えないのが残念です。

e0088402_22444599.jpg

今回はやたらと釧路のデパート関係のオープン記事が多くてこちらは左が丸三鶴屋の新館オープン(昭和43年)の全面広告と右が昭和47年でこの年は地元紙北海道新聞の創刊30周年記念広告?って感じで釧路の中心街の街と当時賑わいをみせていたデパート関連の広告が載っています。

e0088402_22464030.jpg

e0088402_22465381.jpg

そしてこちら2枚が今回の目玉企画?だったのかな?昭和46年の釧路の北大通の街並みが上で下が同じ場所で今年2月に撮影したものの比較写真ですね。
昔からの企業やお店もあるけど、随分となくなっているお店もあるよね。
近年北大通の衰退・・・そして何しろ今年は8月に丸井今井がそして秋(だったかな?)には、この「なつかし展」の会場である「KOM」(旧くしろデパート)の閉店が決まり、、その他ここんところ相次いで老舗の店舗の閉店が相次いでいる。
時代の流れなんだろうけど・・・今の釧路市の財政で北大通の再生化は不可に近いしね・・・
そんなこともあって、今回の展示の中心は北大通関連の写真をモチーフにしているんだろう。
それにしても昭和45年前後の釧路って本当に栄えてたなぁ・・・って改めてこの写真を見て感じる。漁業も栄えていたのもあるしね。
[PR]

by dive_or_alive | 2006-03-12 22:54 | 逃亡・遠征・おでかけ

<< スムースバリトン♪ 久々に・・・ >>