天皇賞執筆前に・・・2   

2007年 04月 24日

字数オーバーになりました・・・




プロローグ
レグノ健闘に号泣して早1年かぁ~・・・。
今年はレグノ絡み的な馬も天皇賞に出走してるんだけど・・・
まずはレグノの主戦だった幸鞍上のサンライズペガサスに
シンザン記念レグノの2着だったビッグゴールド。
レグノの最後のレースの時に札幌の500万特別に出走してたトウショウナイト君。
レグノと同じく長めの距離に対応できるようになったマイソールサウンドちゃん!
後期レグノとよく一緒のレースに出てたシルクフェイマス。
そしてレグノ番号に入ったアドマイヤグルーヴ
この6頭のボックスを遊びで買おうか迷ってます(選びすぎか・・・)
皆様よく言うとおりホントーにドングリの背比べみたいなメンバー構成だね。
まぁ、自分が見解執筆するようになった2003年の春天からはそんな感じのメンバー構成なんだけどね。
だから荒れる気持ちもわかる・・・
当たる当たらない関係なくこうゆう混戦状況のメンバー構成G1は好きな人なのでやりがいありそう!
さぁ、一頭ずつ述べていくぞ!!

1着馬スズカマンボ
5枠10番・スズカマンボ/安藤勝己
意外なことに地方在籍ときも含めてアンカツってまだ一度も春天で馬券圏内になったことがないんだよねぇ~。
菊花賞勝ってるから別に長距離苦手なジョッキーとも思えないけどさぁ。
馬自身も、、、前走こそはメンバー楽だったし得意の阪神だったから格好は付けてはいるけど、
この馬も基本的には中距離タイプ。厳しそうかな・・・

2着馬ビッグゴールド
8枠17番・ビッグゴールド/和田竜二
長らく低迷してたけど・・・休み明けで先方を逃げにしてからは連勝してるだけに侮れない・・・
しかも和田-ビッグ-中尾ラインは今年はバシバシいい仕事してるだけにね。。。
ただこの馬は本質的に得意な距離は2000の中距離だしね・・・
展開的にマイペースの逃げは打てるんだろうけど。。。
決め手やロングスパートかけて来る馬が多数いるこの場ではちょっと厳しいかも知れないね・・・
しかもG1の出走は3歳時の菊花賞以来のはず・・・うーん、、家賃高そう。

3着馬アイポッパー
7枠13番・アイポッパー/藤田伸二
京都は6戦して4勝2着2回と優秀。いかにも京都の長距離サッカーボーイ産駒と言ったところだろうか。
それにデビューしてから今まで掲示板を外したこともないのも能力的にかなり出来てるかも知れないね。
混戦状況こそこういった上がり馬が人気出るんだよね・・・おそらく1番人気になりそう?
しかし、、、重賞今まで目黒記念、そして前走の阪神大賞典と2度経験してるが、、、
まぁ、どちらも1番人気に支持されてるけど・・・敗れてるんだよね。
その敗れた重賞は東京と阪神だったから単に馬場が合わなかっただけで済めば取り越し苦労になるだろうけど、
どちらも勝った馬は目黒記念のチャクラにせよ、阪神大賞典のマイソールサウンドにせよ。
共通してる点はどちらも大舞台での経験をある程度やってた馬・・・
アイポッパーはG1参戦は初めてはもちろん、その今まで2回出走してた重賞レースよりも明らかにメンバー強化。
G1のペースに戸惑うケースが考えられるのでは・・・
それにこの枠もどうかなぁ・・・たまたまかも知れないけど好走してるときって内枠特に1番が多いだけに・・・
外目だった目黒記念破れてるし。。。

予想大会履歴より
◎ザッツザプレンティ
○マカイビーディーヴァ
▲チャクラ
△ヒシミラクル
☆トウショウナイト

愛人ザッツ&トウショウナイト君頑張れ!

その年の回避
トウショウナイト君・・・道中はいつもより後ろだったから半ばあきらめてたけど、、、
G前の強襲にちょっとビックリした!
「(アイポッパーとの)同着でもいいからなんとか・・・3着に」という思いも虚しく4着かぁ~
まぁ、でも低人気には反発した着順だったし武士沢君も一流ジョッキーの中に混じってた割には
よく健闘したんじゃないかと思う・・・!!
ということで春天・・・またしてもサイン馬券。。。
スズカマンボに純粋な「BIG TIME」にちなんでビッグゴールド・・・
いやぁ~ビッグゴールドはパドックでの雰囲気が悪くなかったから。。。スイートピーS馬券取ったら
複勝で追加で買おうと思ったんだが。。。スイートピーやられたから「もういい!」と思ったのが間違えだった・・・
何せレグノと同期の馬だけにG1に出走したことでとても気にはなっていた・・・
それにしても和田の乗り方も上手だったかも。かなり折り合いつけてたし。。。
オペラオー(とクーリンガー?)で培った技量が活きた形かな・・・
それにしても今年の和田-中尾-ビッグラインはかなりブレイクしてるよね。
やはり「BIG TIME」のキャッチコピーも後押ししてるのかな?
スズカマンボはビックリした・・・どこから来たの?って感じだったし。
アンカツ今年出だしよくなかったけどだんだん調子戻って来てるよね。得意舞台は阪神の中距離と思ってただけに
真っ先に馬券から消してました・・・・私みたいな考えの人もきっと多かったから13番人気という低評価だったんだろうね~
人気馬ではアイポッパーがかろうじて3着入線・・・京都コース変わりも良かっただろうけど
やはりまだまだそれほど強いってワケではないかも。。。
それにしても混戦とは言え少なくとも押し出されるような形ではあるもののリンカーンが1番人気になるのはまずいだろう。。。
後方からレース進めて掛かってた昨年よりは折り合ってはいたけどそんな決め手がある馬でもないし届くわけないだろう。
愛人ザッツはスタートもよく岩田の積極的なレース振りも光ったけど。。。直線ズルズル・・・やはりまだ本調子でないかも。
馬券対象にしてたスタミナ自慢のヒシミラクル、チャクラも早目から前に取り付けてたけど。。。
これが結果的に早仕掛けで終わったみたいだね・・・
外国馬のマカイビーディーヴァはなんだったんでしょう・・・雨も適度に降ってむしろ馬場条件は歓迎だったんだろうけど。。。
それにしてもシルクフェイマスは少しでも雨降られると本当にダメだね。。。
こんなに雨が降った途端走らなくなる馬も珍しいかもしれない(^^;)
アドグルは馬体重を見ればまだ太かったね。。。もう1走すればちょうど良くなるかも。


06年春天

プロローグ
ここんところ主役不在で荒れていたけど、、、今年はディープに逆らえないよねぇ・・・。
メディア的にも他馬陣営的にも白旗挙げている状態だしね。。
ただ、ディープを覗いたら、、それこそここんところ荒れているような春天のメンバー構成って感じなのかなぁ~って印象をうける。条件馬が出走出来るぐらいだしさぁ・・・天皇賞というレースを思うと層が薄いかなぁって感じが。
ただマーブルチーフが回避したことで、フルゲート割れ!かつての春天って堅いレースなんだけど、それって殆どがフルゲート割れで行われていて、ここ3年ぐらいフルゲートになってからは大荒れの結果・・・ひょっとしたら今回は久々に堅いレースになるのかな?

1着馬ディープインパクト
4枠7番・ディープインパクト/武豊
3冠となった菊花賞と同じ馬番・・・わざとらしいなぁ・・・なんかもう勝ってくだされといわんばかりだし、この枠になることで、メディアが騒ぐ→ファンやお客様気にする→記念で単勝馬券買う→はっきり言ってJRAの入場増と売り上げ増を狙っての枠だと思うなぁ~(^^;)
これまで散々見解で述べるだけ述べてきたからねぇ、、、もういいでしょ(笑)
前走は正直あの追いきりを見て、、大丈夫なのか?と思ったけど、実は長めの距離を使うためにゆったりしたペースでやったそうだから意図的だったし、その結果キッチリ勝っているんだけどね。菊花賞では道中折り合いを欠いていたけど、追い切りのペースを変えたことで普通のディープの走りをして前走の3000の距離に対応できたように1ハロン伸びるけど、それほどナーバスになることもないよね。ローテの中5週では3勝しているように絶好の臨戦過程だしね。
その今週の追いきりはオリエントチャームに併せて助手による追いきりだったね。阪神大賞典に続いてまたゆったり感のある追いきりだなぁという印象をうけた。やはり長い距離を使うから意識的にそうやっているんだろうね。
今回は敵云々よりも海外レースに向けた叩き台みたいな感じかも知れないよね。陣営的にはかと言ってここで無様なレースは出来ないのはもちろんのこと、やはり勝ち方だって、スッキリとした勝ち方をしたいよね。馬体はレースが近づくと身体作る馬だから極端な増減はないだろうし、前走程度の馬体で出走出来るんじゃないかな。。。なので、極端な馬体の変化があったときはちょっと警戒するべきかな・・・

2着馬リンカーン
6枠11番・リンカーン/横山典弘
ディープの相手筆頭と言われているけど・・・そんなにいいのかな?一昨年、昨年と春天で1番人気支持されてながらも13着、6着と惨敗しているからねぇ。。。人気先行にならなければいいが。
追いきりも心なし思っていたほど迫力なさそうに見えたのもきのせいか?
ただこの馬ノリとのコンビだと相性がいいんだよね。騎乗数こそは少ないけど、前走日経賞1着、菊花賞2着、有馬記念3着、神戸新聞杯4着と掲示板は確保してはいる。
そして一部メディアでも指摘していたけど、何故かノリってディープと一緒のレースだとセットでやってくるんだよね。
昨年ノリがディープと参戦したレースでは2着2回3着2回と常に食い込んではきているんだよね。やはりこの辺りが関東トップジョッキーの意地みたいなところなんだろうか。
おそらく今回は菊花賞の時のアドマイヤジャパンのような騎乗をすると思う。リンカーン自体ここ最近は後ろからよりも比較的前で競馬をするようになってきているように対応は出来るはず・・・日経賞のようなレースが出来ればね。

3着馬ストラタジェム
1枠1番・ストラタジェム/G.ボス
菊花賞5着馬だし、その時6着だったスズカマンボが昨年の春天勝っているぐらいだからその比較関係思えば遜色ないはず・・・ディープいなければ単もあったかもね。
ただ、、、京都コースでは未だに勝ち鞍がないのが。まぁ、坂のあるコースがいい馬だからねぇ。ただ日経賞2着馬はここんところ16年ゼンノロブロイが2着、17年トウショウナイトが4着と比較的このレースでは健闘しているね。ただ、、、この馬は後ろから行く馬だけにディープとの追い比べだと家賃が高そうだなぁ・・・どこでどういったレースをするかだなぁ。体調は良さそうだけどね。

予想大会履歴より
◎ディープインパクト
○マッキーマックス
▲トウカイトリック
△デルタブルース
☆ファストタテヤマ

その年の回顧
予定通りにヤマニンファビュルのオークス権利取り大成功♪今週の勝負馬券でした。
スイートピーSでばっちり的中だったから春天はのんびり各馬の動きだけを見ていましたよ(^^;)
外れたけど土日通じて馬券はプラスだったからね!
春天・・・ディープの440を切る馬体に失礼だけど、大丈夫なのかな?と疑問を思い、更には「馬連で購入したほうがいいかも・・・」なんて思ったりしました。
でも、実際パドック見たらそんな細い印象もなかったからこれは大丈夫だなという確信が(^^;)
それにしてもスタート出遅れてよどみのない流れで後方にいながらも3~4コーナー手前でまさに無理をしない速さで先頭にたって、普通の馬ならあのパターンじゃはや仕掛けなんだろうけど、、直線も突き放す一報だもんねぇ~バケモンだわ。普通なら前残りになっておかしくない感じの展開だったけど、、、ディープが早めに先頭たったことで前の馬が競馬をやめたような感じで失速しちゃったね。
あのレース振り見ていたら、やはり凱旋門賞もひょっとしたら勝ちがあるのでは・・・と思うし、今の状態ならハーツクライに勝てるかも知れない・・・そんな印象を受けたよね。
で、2着はリンカーン、3着はストラタジェムと見解で指摘していたことの断片的な感じで絡んできたなぁ。
リンカーンは昨年の京都大賞典での久々の美酒をきっかけに体質強化されてきたし、ノリとの相性も抜群だったかね。ディープがいなければ・・・ここ数年の春天様相なら勝っていたはずだが・・・
ストラタジェムは菊花賞5着馬、そのとき6着だったスズカマンボが昨年のこのレース覇者となっているようにこれぐらいやれてもおかしくなかったね。また日経賞2着馬は改めて安定して走るなぁということを思い知らされたなぁ。
愛人ファストは6着・・・まぁ頑張ってくれたかな。欲を言えば、掲示板ぐらいまで来て欲しかったなぁという気もするけど。
個人的にはトウカイカムカムはやはり3連勝の勢いを感じさせたかな。初重賞がG1で決して長距離を走らせるのが得意でない幸鞍上で5着ならまずまずでしょう。次目黒記念出走なら面白いかと思うな。
マッキーマックスは馬体も絞れて雰囲気も良かったんだけどねぇ・・・伸びなかったね。


・・・と思うに勝っている馬は自分が見解で真っ先に消しそうな馬が来ている傾向にある!
ということは逆発走で狙えば取れるんでないか?
それにしても。04年ぐらいまではタブ使って書いていたんですよ・・
昨年はヤマニンファビュルと青葉賞メインとアラバンサと端午Sのナイアガラでホクホクしていたんだよね。ファビュルできっちり複勝勝負して春天は本当にノンビリ見ていた。100円ずつぐらいしか買っていなんでなかったかな~?
まぁ、春天は明日みっちり執筆やります。とりあえずこれから他の見解をやらなきゃー・・・
[PR]

by dive_or_alive | 2007-04-24 21:12 | 競馬

<< ポスフのチラシみたぁ? 天皇賞執筆前に・・・1 >>